利用規約

お宝本棚 会員利用規約
お宝本棚 有料会員会員利用規約

お宝本棚 会員利用規約

お宝本棚(以下、「当社」)は、当社が運営するサービス『お宝本棚』(以下、「本サービス」)の利用について、以下のとおり利用規約(以下、「本利用規約」)を定めます。
利用者の皆様(以下、「会員」)が本サービスを利用するためには、本利用規約の全文をお読みいただいたうえで、すべてに同意していただく必要があります。

第1条 (適用)

本規約は、本サービスの契約条件及び本サービスの利用に関する当社と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適応されます。
当社が本サイトで掲載する本サービス利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条 (定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

  • 「本サービス」とは、当社が運営する『お宝本棚』と称するウェブサイト(https://otakara-book.com/tools/)で提供される全てのサービスをいいます。
  • 「ユーザー」とは、本サービスを利用するために会員登録している者をいいます
  • 「登録メールアドレス」とは、本サービスの提供を受ける目的で、ユーザーが当社に提供したメールアドレスの情報をいいます
  • 「パスワード」とは、本サービスを利用するに当たって、登録メールアドレスと照合して本人を識別するための文字列をいいます
  • 「画像等の情報」とは、画像、テキスト等本サービスを利用して投稿できる情報をいいます
  • 「投稿」とは、ユーザーが本サービスに画像等の情報をアップロードする行為をいいます

第3条(必要環境)

本サイトの利用又は本サービスを通じた第三者のサービス・コンテンツ・リソースの利用には、インターネットへの接続が必要になります。いずれも通信料金はユーザーの負担となります。

第4条(本サービスの内容及び利用条件の変更)

当社は、事前の予告なくして、本サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

第5条 (サービス利用料金)

登録及び本サービスは無料とします。
有料サービスの内容・利用料金、支払方法等については、別途有料サービス利用規約の定めることとします。

第6条(本サービスの利用及び利用申込に対する不承諾)

本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、当社所定の方法により、利用の申込を行うものとします。
利用の申込をした者(以下「利用申込者」といいます。)は、当社が利用の申込を承諾した時点でユーザーになります。

ユーザーはアカウントを作成し、会員登録する事で、本サービスを利用することができるようになります。本サービスは一般会員と有料会員が存在し、会員の種類によって閲覧可能なコンテンツ、利用可能な機能が異なります。

当社が次のいずれかに該当する場合は、当社の任意の判断により、理由を開示することなく入会申込者の利用申込を承諾しないことができます。

  1. 利用申込者が、当社指定の方法によらずに入会の申込を行った場合
  2. 利用申込者が、過去に本規約又はその他の利用規約等に違反したことを理由として強制退会処分を受けた者である場合
  3. その他当社が不適切と判断した場合

本サービスにおける各プランにおいて提供される機能の内容及び料金等は、当社が別途定めるとおりとします。

当社は、ユーザーが本サービスを利用することに関し、知り得た情報について、一切の結果の発生、向上、改善等を保証するものではありません。全ての情報の利用方法は、ユーザーの自己責任とします。

第7条 (退会)

ユーザーが退会を希望する場合には、ユーザーは、当社所定の方法により、当社に退会の申出を行うものとします。

当社は、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、当社の任意の判断によって、ユーザーを強制的に退会させて本サービスの利用をお断りすることができます。

  1. 利用申込者が、当社指定の方法によらずに入会の申込を行った場合
  2. 本規約又はその他の利用条件等に違反した場合
  3. その他当社が不適切と判断した場合

第8条 (登録メールアドレス及びパスワードの管理等)

ユーザーは、自分の管理に属する使用可能なメールアドレスを登録メールアドレスとして登録するものとし、当該登録メールアドレスが自己の管理に属さなくなった場合には、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスに変更しなければならないものとします。
ユーザーは、自己の登録メールアドレス、パスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を負うものとします。
登録メールアドレス、パスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等につきましては、当社はいかなる責任も負いません。
ユーザーは、自己が作成した画像、テキスト等の一切のデータを自己の責任において管理・保存するものとします。
本サービスにアップロードされた画像、テキスト等のデータは、ユーザー自身が適宜バックアップを取るなどの手法で保存するものとし、当社は画像、テキスト等のデータの保存等について一切保証しないものとします。

第9条 (アカウントの保有)

ユーザーは1人につき1つのアカウントを保有するものとします。但し、名義による使い分けなど、本サービスでの活動に必要性がある場合においては、その他の利用規約に反しない範囲において複数アカウントの保有を認めるものとします。
ユーザーはいかなる場合においても、アカウントを第三者に譲渡又は貸与することはできません。

第10条 (通知の許可)

ユーザーはお宝本棚の会員登録を申請した時点で、登録されたメールアドレスへのメールマガジン配信を許可したものとします。

第11条 ユーザーの責任

ユーザーは、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。

第12条(禁止事項)

当社は、ユーザーによる以下の各号に定める行為又は該当すると当社が判断する行為を禁止します。

  1. 当社、他の利用者もしくは第三者の権利又は法律上の利益(著作権、特許権、営業秘密、財産権、名誉権、プライバシー権等を含むがこれに限られない)を侵害する又は侵害するおそれのある行為
  2. 当社、他のユーザーもしくは第三者に損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
  3. 当社、他のユーザーもしくは第三者を誹謗中傷し、信用を毀損する行為
  4. 詐称行為
  5. 詐欺その他の犯罪に結びつく、又は結びつく恐れのある行為
  6. 登録メールアドレス及びパスワードを不正に使用する行為(自己で定めたメールアドレス・パスワード以外のメールアドレス及びパスワードを使用する場合を含むがこれに限られない)
  7. 運営者に成りすます行為
  8. 複数のIDを取得する行為。但し、第9条において特に認めた場合を除く
  9. メールアドレス及びパスワードを第三者に貸与する行為
  10. 人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為
  11. 通常の範囲を超えて本サービスのサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、又はこれらの恐れのある行為
  12. 当社の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、又は消去する行為
  13. ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為
  14. 法令、公序良俗又は本規約もしくはその他の利用条件等に違反し、又は他者の権利を侵害すると当社が判断する行為
  15. その他、当社が不適切と判断する行為

第13条 免責事項

当社は、ユーザー間の通信等に関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、当該ユーザー間で解決するものとし、当社はその責任を一切負いません。
当社は、当社が必要と判断した場合は、ユーザーに通知することなくいつでも本サービスを変更、停止、又は中止することができます。この場合、当社は、本サービスの変更等により生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
当社は、ユーザーによって投稿される画像等の情報を管理・保存する義務を負いません。
当社は、ユーザーによって投稿される画像等の情報について、適法性、正確性等に関し一切の責任を負いません。ユーザーによって投稿される画像等の情報が、当該ユーザーが所属する法人・団体等の内部規則等に関する適否についても、一切の責任を負いません。
当社は、以下に掲げる場合には、当該画像等の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」と言います。)ができるものとします。当社は、それによってユーザーに生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

  1. 当社が画像等の情報を投稿したユーザーの登録メールアドレスに宛てて閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合であって、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
    1. ユーザーが閲覧等に同意したとき
    2. 当社が閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、当該ユーザーの電子メールでの回答が当社のメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急止むを得ない事由が生じたときは除く
    3. 本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合
    4. 裁判所、警察等の公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合
    5. 本規約、その他の利用条件等に違反する行為又はその恐れのある行為が行われ、画像等の情報の内容を確認する必要が生じたと当社が判断した場合
    6. 人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると当社が判断した場合
    7. その他本サービスを適切に運営するために必要が生じた場合

当社は、本規約又はその他の利用条件等に違反する行為又はその恐れのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行ったユーザーの強制退会処分、画像等の情報の全部もしくは一部の削除、及び公開範囲の変更等を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

第14条 違反行為等への処置

ユーザーが本規約又はその他の利用条件等に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該ユーザーに対し以下の処置を講ずることがあります。

  1. 強制退会処分とすること
  2. 入会申込を承諾しないこと

ユーザーは、前項の当社の処置について異議を述べないこととします。

第15条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は、日本法とします。
ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

お宝本棚 有料会員会員利用規約

第1条 (目的)

この有料サービス利用規約(以下「有料サービス利用規約」といいます)は、plug ade(以下「当社」といいます)が本サービス上で提供する有料のサービスを、ユーザーが利用する際の一切の行為に適用します。
有料サービス利用規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、お宝本棚 利用規約(以下「利用規約」といいます)及び有料サービス利用規約に従い本サービスを利用するものとします。
ユーザーは、本サービスを利用することにより、利用規約及び有料サービス利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

第2条 (定義)

有料サービス利用規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

  • 「本サービス」とは、当社が運営する『お宝本棚』と称するウェブサイト(https://otakara-book.com/tools/)で提供される全てのサービスをいいます。
  • 「ユーザー」とは、本サービスを利用するために会員登録している者をいいます
  • 「利用料金等」とは、ユーザーが本サービスを利用することによって生じた当社に対する債務をいいます
  • 「決済手段」とは、利用料金等の支払方法をいいます
  • 「外部決済サービス」とは、本サービスを介してユーザーが予め登録したクレジットカード情報を用いることにより、決済手段の情報をその都度入力したり送信することなく、代金決済を行えるようにするサービスをいいます
  • 「登録メールアドレス」とは、本サービスの提供を受ける目的で、ユーザーが当社に提供したメールアドレスの情報をいいます
  • 「パスワード」とは、本サービスを利用するに当たって、登録メールアドレスと照合して本人を識別するための文字列をいいます
  • 「画像等の情報」とは、画像、テキスト等本サービスを利用して投稿できる情報をいいます
  • 「投稿」とは、ユーザーが本サービスに画像等の情報をアップロードする行為をいいます

第3条 (有料サービス利用規約の変更)

当社は、当社の判断により、有料サービス利用規約をいつでも任意に変更することができます。変更後の有料サービス利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。ユーザーが、有料サービス利用規約の変更の効力が生じた後、本サービスをご利用になる場合は、変更後の有料サービス利用規約に同意したものとみなされます。

第4条 (有料内容及び利用料金等)

本サービスの利用料金等は、プラン比較表(http://)に定めるとおりとします。ただし、個別の定めがある場合を除きます。
前項の利用料金等は、お宝本棚が定めた外部決済サービスを通じて決済するものとします

当社は、上記の手段で行われた代金決済についての領収書等は発行いたしません。

第5条 (利用資格)

有料サービスの利用は、当社が指定する決済手段を持っている方に限るものとします。

第6条 (有料サービスの変更等)

当社は、当社の都合により、有料サービスをいつでも任意に追加、変更、中断、終了することができます。

第7条(有料会員の利用期間及び登録更新)

有料サービスの利用期間は1ヵ月単位とします。
ユーザーは当社の定める方法により有料会員解約の意思を示し、当社にその意思表示が到達した時点で有料会員登録を解約することができます。
有料会員登録が解約されない限り、有料会員期間は自動的に毎月更新されます。

別途定めがない限り、ユーザー及び第三者からの電子メール、電話、郵便、直接訪問等による解約手続きは一切行わないものとします。
有料サービスは登録から利用期間が1ヵ月に満たない場合も1ヵ月とみなし、料金の支払いが発生するものとします。
ユーザーが有料会員登録を解約した場合には、一般会員(無料)として登録されることになります。

第8条 (決済手段)

ユーザーは、自己の管理に属する有効なクレジットカードを決済手段として、お宝本棚が定めた外部決済サービスサービスに登録し、当該決済手段によって利用料金等を支払うものとします。

利用料金等は当該クレジット会社の会員規約において定められた振替日にユーザー指定の口座から引き落とされるものとします。

第9条 パスワード及び決済手段の管理

ユーザーは、自分の管理に属する使用可能なメールアドレスを登録メールアドレスとして登録するものとし、当該登録メールアドレスが自己の管理に属さなくなった場合には、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスに変更しなければならないものとします。
ユーザーは、自己の登録メールアドレス、パスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を負うものとします。
登録メールアドレス、パスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等につきましては、当社はいかなる責任も負いません。
ユーザーは、自己が作成した画像、テキスト等の一切のデータを自己の責任において管理・保存するものとします。
本サービスにアップロードされた画像、テキスト等のデータは、ユーザー自身が適宜バックアップを取るなどの手法で保存するものとし、当社は画像、テキスト等のデータの保存等について一切保証しないものとします。

ユーザーは、本サービスを利用するために、外部決済サービスへ登録しているクレジットカードの情報が自己の管理に属さなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別のクレジットカードの情報を決済手段として改めて登録しなければならないものとします。

ユーザーの外部決済サービスによる決済手段が第三者に利用され、ユーザーに生じた損害等につきましては、当社に重大な過失がある場合を除き、当社はいかなる責任も負いません。

第10条 ユーザーによる解約

ユーザーが本サービスの利用を停止する場合は、当社所定の方法で解約を申し出るものとします。当社は、既に受領した利用料金等の払戻し等には一切応じないものとします。

第11条 利用停止

外部決済サービスに登録されたクレジットカードの利用が停止された場合には、当社は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
ユーザーが、利用規約又は有料サービス利用規約に反する行為をしたと当社が認めた場合には、当社は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
前2項に定める場合には、利用停止の対応を行った月までの利用料金等が発生するものとします。

第12条 譲渡等の禁止

ユーザーは、有料会員サービスの会員たる地位やアカウント情報等を第三者に譲渡、貸与する行為や、質権の設定及びその他の担保に供する行為を行えないものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。

第13条 責任の制限

当社の重過失により、ユーザーが本サービスを一切利用できない状態が生じた場合には、当社は、当該ユーザーにおいて当該状態が発生したことを知った時から起算して24時間以上利用不能の状態が継続した場合に限り、当該状態が生じた月に発生する月額サービス料金の合計額の30分の1に、利用不能の日数を乗じた額(円未満は切り捨てるものとします。)を限度として、当該ユーザーに発生した現実の損害の賠償請求に応じるものとします。ただし、サーバーのメンテナンスなどサービスの提供にあたって必要不可欠な行為によって生じた損害等については、当社は賠償責任を負わないものとします。

第14条 通知の許可

ユーザーはお宝本棚の会員登録を申請した時点で、登録されたメールアドレスへのメールマガジン配信を許可したものとします。

第15条 免責

当社は、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
前項に関する紛争の結果、当社が損害賠償請求等を受けた場合は、当社はその損害の賠償をユーザーに求めることができるものとします。

第16条 準拠法及び管轄裁判所

利用規約及び有料サービス利用規約の準拠法は、日本法とします。
ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。